最終更新日時 2019年03月24日(日曜日)16時07分 ID 87-1-1-4313
アペルト10 横山奈美 LOVEと私のメモリーズ
開催期間
2019年04月06日(土) 〜 2019年06月30日(日)
10時00分 〜 18時00分
(金・土曜日は20:00まで)

開催場所
長期インスタレーションルーム
《LOVE》2018 油彩、麻布 182 × 227.5 cm 撮影:若林 勇人

横山奈美(1986- )は、日々の生活の中で消耗されていくもの、廃棄されていくものをモチーフに絵画を制作しています。通常見向きもされない捨てられる運命をもった、いわば主役にならないものを主役にすることで、そのものに本来備わる意味や用途から離れ、これまでとは異なる見え方、横山によれば「そのものが持つ根源的な存在感や美しさ」を提示します。

本展は、近年、横山が精力的に取り組んでいる「愛とは何か」「美とは何か」というテーマと向き合った作品群で構成されています。愛をテーマに造形されたネオン管を絵画に描いたネオンシリーズは、ネオン管の主役ともいえる美しい光の部分と、裏側で見えないよう隠される器具や配線の部分とを同等に描き出すことで、理想や憧れとともに誤魔化せない、見られたくない部分をも顕在化させます。また、本展タイトルにも使われた木炭ドローイングのシリーズ作品《LOVEと私のメモリーズ》は、少女とラブという名の犬との思い出をつづった場面が描かれています。人間好みにどんどん品種改良が進む犬が短命であるというニュースをきっかけに、愛犬へと向けられた「愛(LOVE)」について考察します。

横山は、ちまたに流布し、あまりに軽々しく多用される「LOVE」という言葉への疑問や違和感、あるいは複雑で深刻な感情を作品に落とし込むことで、私たちの日常にありふれる「LOVE」という言葉の意味を問いかけ続けています。本展では約30点の油彩画とドローイングにより、横山の問いかける「LOVE」を通して、物事の本質について探求する機会となるでしょう。




[ご案内]
開催期間
2019年04月06日(土曜日) 〜 2019年06月30日(日曜日)
10時00分 〜 18時00分

(金・土曜日は20:00まで)

開催場所
長期インスタレーションルーム
〒920-8509 金沢市広坂1-2-1
電話番号 076-220-2800




[関連書類] ※ダウンロードします

最終更新日時 2019年03月24日(日曜日)16時07分 ID 87-1-1-4313
問い合わせ先
金沢21世紀美術館 学芸課
住所: 〒920-8509 金沢市広坂1-2-1
電話:076-220-2801