最終更新日時 2018年09月10日(月曜日)08時51分 ID 188-1-1-3392
鼎談 内田樹✕安田登✕薮克徳「能と身体ー『申楽免廃論』をめぐって」
開催期間
2018年11月03日(土)
14時00分 〜 15時30分

開催場所
金沢能楽美術館

 現代を代表する思想家で、武道と能の実践から中世の武士の身体運用を探求する内田樹氏、能楽師ワキ方でありながら日本に数少ないロルフィングの資格を持ち、和漢の古典から現代のゲームに至るまで幅広く精通する安田登氏、そして金沢能楽会を担う気鋭の宝生流能楽師で、東京大学薬学部出身の薮克徳氏の三方が、能楽と武術における身体運用や精神性、とりまく文化について語ります。



[ご案内]
開催期間
2018年11月03日(土曜日)
14時00分 〜 15時30分


開催場所
金沢能楽美術館



対象
どなたでも

定員
100名

料金
無料(ただし、要観覧料。一般300円)

申し込み先
金沢能楽美術館

申し込み期間
10月6日(土)10:00より電話にて受付開始


[関連リンク]

最終更新日時 2018年09月10日(月曜日)08時51分 ID 188-1-1-3392
問い合わせ先
金沢能楽美術館
住所: 〒920-0962 石川県金沢市広坂1丁目1番25号
電話:076-220-2790 ファックス: 076-220-2791
メールアドレス:noh-museum@kanazawa-arts.or.jp