最終更新日時 2018年04月06日(金曜日)16時11分 ID 145-1-1-2470
近世史料館春季展「化学遺産認定記念 藤本文庫展」 
古文書・絵図等の展示
開催期間
2018年04月28日(土) 〜 2018年06月24日(日)
10時00分 〜 19時00分
月曜休館 6月7日(火)8日(水)は特別休館 土日・祝日は夕方5時まで

開催場所
玉川図書館近世史料館
玉川公園隣
ポスター(「舎密学」とスロイス肖像写真)
化学遺産認定史料を展示公開します。

 平成30年3月公益財団法人日本化学会が化学遺産に認定したスロイス「舎密学」(講義録)をはじめ、講義録を筆記した藤本純吉が寄贈した藤本文庫の古文書・絵図等を展示します。
 「舎密」はオランダ語の化学「Chemie(セイミ)」を漢字表記したものです。スロイスが教えた化学は、これまでの日本化学史の認識を覆す最新のヨーロッパ近代化学でした。それが明治4年に世界に遅れることなく金沢で教えられていたことが確認されたのです。
 藤本家は、代々加賀藩お抱の観世流太鼓役者の家で、藤本純吉は家芸の太鼓を修める一方、明治維新後は医学を志し黒川良安に師事し、明治4年には医学館に入学します。オランダ陸軍医スロイスや医学教師ホルトルマンから医学や関係学問を学び、後に尾山病院の医院長を務めました。純吉は昭和8年家蔵の能楽・医学関係他多数の史料を金沢市立図書館に寄贈しました。
 本展示では、藤本文庫における、江戸時代の伝統芸能である能楽と近代科学の受容を示す医学関係の史料を中心に展示・紹介します。なお、もう一人、スロイス「舎密学」(講義録)を筆記した藤井貞為関係の史料も展示します。


[ご案内]
開催期間
2018年04月28日(土曜日) 〜 2018年06月24日(日曜日)
10時00分 〜 19時00分

月曜休館 6月7日(火)8日(水)は特別休館 土日・祝日は夕方5時まで

開催場所
玉川図書館近世史料館
〒920-0863 金沢市玉川町2-20
電話番号 076-221-4750

玉川公園隣

対象
一般

定員
無し

料金
無料

申し込み先
不要


[関連リンク]

最終更新日時 2018年04月06日(金曜日)16時11分 ID 145-1-1-2470
問い合わせ先
玉川図書館近世史料館
住所: 〒920-0863 金沢市玉川町2-20
電話:076-221-4750